超高齢社会を迎え、

ご本人が自分らしく暮らすために、

「安心」「安全」「前向きな気持ち」を目的として

実践できる具体的な整理収納方法をお伝えします。

 高齢期の独居や介護という社会課題に対して、

どのように整えたらよいのか、

一緒に学んで行きましょう。

 

即戦力!高齢者の整理収納に必要な基礎知識を一日で習得できる講座

【2/24(日)京都】高齢者の整理収納サポーター養成講座 基礎研修

       ※ただ今受付中!

【平成31年2月24日(日)京都】高齢者の整理収納サポーター養成講座 基礎研修

 

       特定非営利活動法人 暮らしデザイン研究所 認定講座

       龍谷大学保健管理センター長 須賀英道教授 監修 

 

現在、ライフスタイルの変化による独居や
施設入居後の空き家の後片づけといった実家の整理収納に直面し、
悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

 

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年には
4人に1人が75歳以上になり、
多くの方が、こうした社会課題に直面することになります。

 

また、認知症のある高齢のご家族を介護しながら
日常生活の行動に戸惑い、どう接したらいいのかわからず、
「ついイライラしてしまう」という経験はありませんか?

 

高齢者の家の整理収納は一般家庭の整理収納とは異なり、
身体の変化や心理面などに考慮した上で進める必要があります。

 

この養成講座では、
医療・介護・整理収納分野の方やご家族の立場で経験を積まれた皆さんが
ノウハウを必要とする地域社会や企業に対し
継続的な普及啓発ができる人材の育成と、活動支援を行っています。

 

〈基礎研修〉では、こうした考えをもとに
まずは高齢者の心身機能の変化と整理収納の基礎知識を習得します。

特に前期高齢者での低下が著しい、視覚と聴覚のうち、形あるものを対象とする整理収納に直接関わる

「視機能の低下」と生活における配慮について知識を深めていただきます。

 

☆ この研修は様々な分野の皆さんにご協力いただいています ☆

精神科医(ポジティブ心理学) / 理学療法士(身心機能) / 介護福祉士(認知症) / 福祉住環境コーディネーター(建物) / 整理収納コンサルタント(人xモノの関係性) / まちづくりコーディネーター(地域連携)

☆ このような方が受講されています ☆

医療・介護分野で住環境整備について課題を持っておられる方 / 住関連企業で高齢者の住まいの収納知識を必要とされている方 / 心身の衰えを踏まえた上で、自立した生活の提案を目指す整理収納分野の方 / 介護経験を通して、住環境整備の必要性を体験してきたご家族の方

☆ 受講の感想 ☆

「目的」を聞いて、これはまず実家の親をサポートしたいと思いました(岐阜県・看護師) / 高齢の方に特有の見た目ではわかりにくい身体的能力の低下を、認識していく必要があるんだなと気づきました(兵庫県・整理収納アドバイザー) / 受講前は収納についての実践を教えていただくものと思っていましたが、終了した今、それよりも心の問題、在り方を教えていただいたことを感謝しています(兵庫県・家事代行業)

 

【カリキュラム】
・オリエンテーション
・高齢者の身体的 & 心理的な特徴
・身体的 & 心理的特徴に配慮した、整理収納
・視覚への配慮
・ワークショップ

※ 高齢者の大半に見られる見えにくい状態(ロービジョン)にクローズアップした内容に変わりました。

※ 研修を終えられた方には、修了証が発行されます
※〈基礎研修〉修了後には〈上位研修〉にも参加できます

 

【2/24京都会場】 キャンパスプラザ京都 5階 

               10:00~16:00(昼食休憩時間含む)

5月予定・大阪会場】 大阪市立社会福祉センター 3階

               10:00~16:00(昼食休憩時間含む)

 

【参加費】 21,600円(内訳:受講料18,000円/教材費2,000円/消費税1,600円)  ※ 事前振込み

【講 師】 木村直美・清水麗子(DESEIN OFFICE REI 代表)  
 【定 員】 8名 ※最少催行人数3名
【持ち物】 筆記用具

【申し込み・お問い合せ】→ (星マークをクリック)

 

★懇親会(約1時間・自由参加)を開催します★

  基礎研修終了後に予定しております。

  受講された方が、これから高齢者の整理収納に関わるなかで、

  不安や疑問に感じること等、ご相談下さい。一緒に解決しましょう!

  講師の高齢者の整理収納体験談や専門職ならではのアプローチの仕方など

  基礎研修では聞けない事例等をお話します。

 


 『高齢期のモノと暮らし』

大阪会場】高齢者の整理収納サポーター養成講座 入門編    ※調整中

京都会場】高齢者の整理収納サポーター養成講座 入門編  ※調整中 

           特定非営利活動法人 暮らしデザイン研究所 認定講座

              龍谷大学保健管理センター長 須賀英道教授 監修

 

受講者特典あり!

本講座を受講された方には、

〈基礎研修〉 の資料代無料券(2,000円分) をプレゼントします。

ただし無料券対象基礎講座は、

アトリエ空&DESIGN OFFICE REI 主催の講座に限ります。

 

『高齢期のモノと暮らし』 をテーマに、

ワークショップなどを取り入れ楽しみながら、

短時間で高齢期向けのお片づけを学べるようになっています。

また、基礎研修で学ぶ内容のポイントを、

入門編でわかりやすく習得できるようになっています。

特典対象基礎研修講座は、下記のものに限ります。
平成28924日(土)in大阪・116日(日)in京都
平成29128日(土)in大阪・35日(日)予定in京都特典対象基礎研修講座は、下記のものに限ります。
平成28924日(土)in大阪・116日(日)in京都
平成29128日(土)in大阪・35日(日)予定in京都特典対象基礎研修講座は、下記のものに限ります。
平成28924日(土)in大阪・116日(日)in京都
平成29128日(土)in大阪・35日(日)予定i

 

☆ この研修は様々な分野の皆さんにご協力いただいています ☆

精神科医(ポジティブ心理学) / 理学療法士(身心機能) / 介護福祉士(認知症) / 福祉住環境コーディネーター(建物) / 整理収納コンサルタント(人xモノの関係性) / まちづくりコーディネーター(地域連携)

☆ このような方が受講されています ☆

高齢者施設で片づけを拒否する利用者を担当する介護士 / 地域包括支援センターのスタッフ / 民生委員 / 親の介護を通して片づけに困っているご家族

☆ 受講の感想 ☆

いずれは自分も高齢者になるので自分自身の整理収納を行うと共に、母親の終活の手伝い(サポート)をしようと思いました / 単純に片づければよいと思っていたけれど本人の意思が大切なんだなと改めて気づかされました / 習慣化という概念が抜けていたのでこれをポイントに考えていきたいと思います / 話がコンパクトにまとまっていて大変わかりやすかったです。ワークなどが組み込まれていて聞くだけでなく、体験することで理が深まった

 

【カリキュラム】
・オリエンテーション
・高齢期の暮らしチェックリスト
・私たちを取り巻く時代の背景
・片づけへの手順
・豊かな暮らしのために

 

※ 入門編に参加されると、修了証書が発行されます。

 

【大阪会場】 大阪市立社会福祉センター3階

               10:00 ~ 12:00

【京都会場】 キャンパスプラザ京都 5階 

               10:00~12:00

【参加費】 3,240円(内訳:受講料2,500円/資料代500円/消費税240円)  ※事前振込み

       収益の一部は、発達障害を含む障害者及び

        高齢者に関わる生活支援・無償セミナー等の活動に使用致します。

【講 師】 木村直美
【定 員】 10名
【持ち物】 筆記用具

【お申込み・お問い合せ】→